5月 2010 のアーカイブ

リビングの天井

2010年5月31日

リビングの天井
 天井を取って拭きぬけとすると、風化した藁が風で落ちてくるため、高くした天井はコンパネに畳表を張り、その上に割り竹を敷き詰めて、割り木で固定した風合いのある凝った仕上げとなりました。黒い梁と調和したものとなりました。

冨山城北の丸跡崩壊寸前

2010年5月30日

冨山城北の丸跡崩壊寸前
 春先に桜の咲いた頃、矢坂本町より冨山城跡に登った際、北の丸跡は崖っぷちに少しの残っていましたが、さらに石切が進み、平らな部分が少なくなり、下の石を一つでも取ると、あるいは地震、大雨などがあると全壊する状態なっていました。北の丸跡のわずかに残っている平らな部分の周りの松が雨で倒れた痕跡が写っています。
 早急に石の採掘を中止し補強などの対策が必要でしょう。大雨で土砂崩れが起こると、矢坂本町に土石流が流れ埋めつかされる恐れがあります。以前にも部分的に土砂が流れ出して住宅地の何軒かが被害を受けています。
 矢坂山を南から見ると樹木に覆われた自然な山に見えますが、北に回ると採石により醜い山に見えますが、さらに中に入らないと危険性のある現状は見えません。岡山市の早急な対策が望まれます。
   平成21年3月8日                          平成22年4月8日
 

中心市街地活性化法への疑問

2010年5月24日

中心市街地活性化法への疑問

 中心市街地活性化法は略称でありまして、正式には「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律」であります。

この法律は、空洞化の進行している中心市街地の活性化を図るため、地域の創意工夫を活かしつつ、「市街地の整備改善」「商業等の活性化」を柱とする総合的・一体的な対策を関係省庁、地方公共団体、民間事業者等が連携して推進することにより、地域の振興と秩序ある整備を図り、国民生活の向上と国民経済の発展を図ることを目的としています。

これは、中心市街地を一つのショッピングモールと見立てて、都市基盤の整備改善と商業等の活性化を柱とした、ハード、ソフト両面にわたる諸施策を関係省庁が連携し、重点的に中心市街地の整備を図ろうとするものであります。

この説明によると、商業の停滞に対する打開策となっていますが、都市の空洞化により夜間住民が少なくなり防犯上好ましくなく、また郊外に住宅が無秩序に拡散し、さらに大型店舗が乱立したため、行政コストが大幅に上昇するなど不効率な都市、地域が誕生してしまたことによります。さらに高齢者が増加している時代にバリアーフリー都市形成に適していると理由付けされています。

 はたしてそうでしょうか、特に岡山市は広域的な主として岡山平野に形成されています。山林を切り開いた都市でなく稲作の水田に広がった都市であり、気候的に温暖な地域です。

住宅(屋敷)面積は世界標準では1000㎡ですし、島国の日本ではそれに達していないまま、特に江戸の下町狭小住宅等に代表されるような生活に適さない住宅や文化住宅、公団住宅と称してそれの流れがマンションに継がれ格安マンションとして続々と建てられています。エコ住宅として推奨されているのは300㎡の住宅の前庭に200㎡の家庭菜園、裏庭に200㎡に果樹園をそなえる合計700㎡相当の屋敷が理想とされ計画・模索している地域があります。

都市の象徴として高層ビル・マンションが争うように建てられてますが、はたしてそれが住みよく、効率的な都市でありましょうか。欧米の大多数の都市に高層住宅は少なく、秩序よく、緑が多く配置された都市となっています。アスファルトとコンクリート、住宅、ビルに埋め尽くされた都市は限られています。

都市・住宅ともに戦後復興のスクラプビルトが繰り返されています。本来の岡山の有利性を見出し、既存に整備された交通網を有効に利用すること(例えば山陽本線、伯備線、津山線、吉備線、瀬戸大橋線、水島臨海鉄道など)こそ、思想的都市再生ではないでしょうか。

 

北長瀬駅北口水路の清掃

2010年5月23日

北長瀬駅北口水路の清掃
 北長瀬駅がオープンして便利になり、通勤客中心に乗降客が多くなりました。ところが南口や他の駅のに比較して、水路の載り面に雑木が多く、下草も刈り取られていません。草花、アジサイ、ツツジ、桜、モミジを植えたらとの意見もあります。
 そこで、JR中庄駅長(北長瀬駅担当駅長)と岡山保線区助役らの協力を得て、市久会メンバー6名で、今回は川舟で対岸より渡り、プラットホ-ム下より能登川用水橋梁までの載り面の雑木の伐採と下草の刈り取りを行いました。
 何時の時代の護岸か石積が崩れているところが多く、ニュトリアが多く生息しているそうです。足場が悪く、急傾斜のため、さらに当然鉄道路線よりには危険が伴なうため立ち入りできず、思いのほか大量にあって午前中かかりました。当初、雑木、草は舟で運ぶ予定でしたが、JRで片付けてくださるとのことで助かりました。
 さらに胡麻田地下道まで順次綺麗にしてゆきたいと考えていますが、雑木が自然に生えたのが沿線住民にとって車窓からの目隠しなって切ってもらては困るとの意見や、JR用地と水路の間に民有地があるとのことで水路の管理者である岡山市役所と岡山保線区が協議と協力を仰いでいただけることになりました。
 

植物による水路管理

2010年5月18日

植物による水路管理
 5月15日児島湖流域フォーラムにおいて岡山市環境局環境保全課 心光清課長補佐により「植物による水路管理」の講演がりました。
 流域の家庭の浄化槽を合併浄化槽化や下水道整備を進めることが好ましいのでしょうが、いずれもさらに進めることに課題が多いようです。水路をを利用した水の浄化は植物の浄化能力を利用しますが、概念的には効果的に見えますが、数値的に実証されておらず、近隣住民の協力・理解が必要でまだ課題が多いようです。
 
 昨年より溝に笹が瀬川自生の黄ショウブなどをポットに植え浮かべてみていますが、大雨のたび流され、固定が大変で、溝に比べてポットが多きため落ち葉、ゴミが溝をふさぎ流れを妨害しています。水を流すのみ最低限の溝しかないのに本来無理があるのでしょうか。側溝壁に生えるセリは冬場でも生育するし除去も簡単なためむしろ好ましいようです。
 「植物による水路管理」に先立って、岡山県環境文化部環境管理課の西平強課長の「児島湖の水環境」によると岡山平野は児島湖とほとんど同じ水位で、雨が降らない限り水の滞留状態が続く特殊地形にあるとのことです。また、COD,リンは微減しているが環境基準に達せず、窒素は横ばい状態にあります。県としては打つ手なしと言った感じでした。

春祭り

2010年5月17日

春祭り
 田植え前のこの季節は、各地で春のお祭りがおこなわれます。野殿八幡宮(菅原道真を祀っているといわれる)、矢坂の北向八幡宮(宮司は冨山城主の子孫といわれ、総社宮も合祀している)は既に終わり、5月9日には隣の日吉宮とともに白髭宮に今村宮の神主さんがこられて、お祈りしました。
 白髭宮は市久の守り神として北長瀬本町、表町、日吉町の氏子が多数お参りしていましたが、山陽本線に分断され、南は中山道の白鬚宮の氏子に、新幹線基地工事のとき北長瀬本町の中心部に移設した日吉宮に氏子が移り、白髭宮の氏子は極端に減りました。
 日吉宮の元の場所については、前に書き、その創建に関する推論にも触れました。滋賀大津の日吉大社とは関係ないとの話を聞き、推論を展開してみました。大安寺の庄と市久の保の境界にあったことより、また樋門は新幹線基地の工事のとき南・西に移転していますが、観音寺用水を市久に取り入れる、灌漑するのに重要な位置にありました。今でも樋門の近くに祠を建てお守りしているところは多くあります。
 民間信仰多くのお宮同様に、「樋守」ひまもりの神が、いつしか「日吉宮」に同化したのではないでしょうか。
 

富士山の雲

2010年5月16日

富士山の雲
 13・14日は久しぶりに東京へ出張しました。丸の内で会議があり、夜には八重洲のホテルで旧友に会い、トンボ帰りしました。新幹線の車窓から富士山が見えましたが、山頂は雪に覆われ綺麗な真っ白でしたが、中腹の雲は心なしか薄黒く、特に東京よりを裾野を覆っていました。
 現代の世相を反映しているのではないかと危惧します。歴史的に見ますと政朝が病むと自浄作用が働き、それでも正常にもどらない場合、民は離れ遷都が行われました。東京に立ち込めた黒い雲は、裾野の民を照らすことがなくなっています。
 
 
 改装なった岡山駅西口