3月 2010 のアーカイブ

桜本樋門

2010年3月30日

桜本樋門
 大野村誌によると、「桜本分木」北長瀬の大角と矢吹田との間を笹が瀬川に流出する悪水分木で、昭和4年8月に改築した。と記されています。明治25年の道路河川溝図には、桜の印があります。
 「中樋 水門」北長瀬の大角地先に在り、この樋門は、笹が瀬川改修のの結果、昭和11年3月現位置に移転改築したのである。旧樋門の北に福浦水門があたが、昭和10年度末に廃止した、
 「新分木」 北長瀬の市久と矢吹田との間を笹が瀬川に入る悪水分木で、昭和14年1月に改築したものである。この時樋門を高さ巾共に6尺5寸に拡大した。
 「新樋」北長瀬の南端今村との堺を流れる村堺溝の悪水が笹が瀬川の流出する所にある樋門で、1名汐樋門とも言ったもので、笹が瀬川改修の際改築したものである。因に大安寺水門以下の各樋門は県費支弁の樋門である。
  
 桜本樋門には、古老によると桜の木が3本程度あった記憶があるそうです。樋門の改築のとき切られたのかもしれません。昭和20年代まで桜の咲く時分には、川舟でこの樋門まで行くのが風習となっていました。
 北長瀬切図によると、野殿界の中洲が「一番ノ内」で、「壱番字大角」、笹が瀬川を南に下ると「弐番字矢吹田」「三番字一久」と続きます。野田界の「弐四番字下得」が最も番数の高い字です。
 笹が瀬川の土手沿いに日吉町内会が8年生の桜の木を80本植え、花が満開となったため花見会が開かれました。植えたことに対して異論もあるようですが、歴史的景観の復元と町内、近隣の憩いの場として、さらに新幹線、山陽本線の乗客が岡山に桜並木が後楽園のみでなく眺望できることは岡山に立ち寄る人が増えるのではないでしょうか。
 帰りに難波工務店さんの雛飾りを見せていただきました。平安調の素晴らしいもので、季節的に華やいだ気分なり風習の素晴らしさを感じました。ちなみに、小生の家で10何年か前に、手作りのお雛を飾ったところ、海外の人も見に来て楽しんでいただきました。
 

川舟修理3

2010年3月30日

川舟修理3
 川舟の内面の修理をしました。どうしてヒックリ返すか悩んでいたところ、中国シール㈱の西山社長に連絡するとフォークリフトで中野さんが簡単に表にしてくださいました。
 1.コールタールなど傷んだり、汚れているのを全面、サンダーにワイヤーブラシで取り付け磨き上げました。
 2.目地のコーキングなど取り除きました。
 3.目地をサンダーで汚れを取るとともに、Vカットを溝を掘りました。
 4.目地にプライマーを塗ったあと、シリコーンコーキングしました。上塗りのポリエステル樹脂と材質が異なるため、密着に疑問がありましたが、底板の伸縮に対応するためコーキングとしました。
 5.手すりを取り付けました。木の温もりを残すため、塗装しないこととし、マスキンイングしました。
 6.ポリエステル樹脂塗装をしました。底のみは砂を入れて滑らないよう工夫してみました。
 黒船が出来上がりました。4月2日(金)午後1時より中国シール㈱のフォークリフトで川辺の柵越しに川舟を浮かべていただく予定です。大勢の人に案内しました。着物を着てきてくださるご婦人もいるそうです。
 環境教育として、水質検査を子供たちに教えたいため岡山市市役所 環境保全課に検査キットを依頼、大安寺中等教育校の化学の先生に中高生の教育の状況をお聞きしました。
 
 

「芋煮会」記事

2010年3月30日

「芋煮会」記事
 今朝、3月30日にやっと山陽新聞の「つどい」に3月遅れで「市久会の芋煮会」の記事が掲載されました。
 4月2日(金)午後1時より、川舟を北長瀬駅北口水路に浮かべて楽しむ予定です。
 

川舟修理2

2010年3月26日

川舟修理2
 御南水辺の会より川舟を頂いてきて、傷んでいた舳先の交換、腐っていた部分のあて木が終わり、いよいよ船底のFRPライニングに取り掛かることにしました。佐藤芳範会長にライニイング・マニュアル(SkyDrive/パブリック/御南/FRPライニング)を見せていただき、材料を頂いて来ました。当初現地指導いただけるとのことでしたが、年度末で多忙のためマニュアル片手に行うこととなりました。
1.下地処理ーワイヤーブラシ・サンダーでコールタール塗装表面を除去。 
2.パテ補修ープライマーのサンドーマに約1:1でタルクを混ぜ、硬化剤のパーメックスを樹脂に対し2%加え、200gづつ混ぜ穴を埋めて行きました。粘性も適当となり上手く補修できました。硬化してから、サンダーで表面を平滑にしました。
3.プライマー塗布ーサンドーマに硬化剤を2%混ぜ、前面に塗布しました。浸透性もよく強度確保にも役立ちそうでした。
4.ガラスクロスをまず船底にひき、ポリ-ホ-プにパーメックス硬化剤を2%混ぜ、ローラーブラシで塗ってゆきました。空気が入り、又周辺部が押せ切れませんでした。後で気がついたことですが、材料が4年ほど経過しているため一部ゲル化して粘土が高く、硬化剤も加えすぎた傾向がありました。
 側面も同様に行いましたが、同様に空気が抜けきらない部分が発生しました。
5.サンダーで空気が入ったり、浮いている部分を削り取って行きました。1日以上かかりました。
6.さらに補強を要する部分に重ねてガラスクロスをポリホ-プでライニングしました。
7.仕上げとして、パラフィン入りのポリエステル樹脂に黒い色トナーを5%加え、硬化剤1%を混ぜ、部分的にガラスクロスを貼り、塗り上げました。これは粘性が低く、空気も入ることはありませんでした。黒くすべてを覆い隠した仕上がりとなりました。
 舟をひっくり返し内部を修理する予定です。
 なお電源は隣の中国シール㈱よりお借りしました。

花三重奏

2010年3月26日

花三重奏
 朝の散歩から白髭宮の前の野上光正さんの畑まで帰ると、杏の花が真っ白に満開でした。その奥には、白髭宮の桜が寒波で一部開花のままで待ちわび、手前には桃の花がピンクの蕾が開き始めていました。一斉に満開とは行きませんが、信州の山一面の杏の里、岡山の桃の里が見られるのも間近でしょう。
 岸洋一さん宅初め庭先を覗くと、名も知らない花々が彩どっていました。
 

カイドウ枯れる

2010年3月25日

カイドウ枯れる
 昨秋、落葉の季節になっても葉が付いたままで、枝に皺が目立つ様になった、幹を見ると鉄砲虫が入っていて殺し、殺虫剤を塗布して、芽が出ることの一抹の期待をもっていましたが、花芽も無く枯れたとあきらめました。
 毎年、桜、桃よりあでやかで楽しましてもらいました。

土手焼き 県河川課の回答

2010年3月20日

土手焼き 県河川課の回答
 2月7日にブログで取り上げた土手焼きに関して岡山県河川課に問い合わせましたところ下記のように回答がありました。
 土手焼きの自然再生、水浄化への寄与への観点からの回答はありませんでした。

 河川の美化活動への助成制度はあるようです。

 
平素は県行政に御理解、御協力を賜り誠にありがとうございます。
お尋ねいただきました件について下記のとおり回答させていただきます。
一般廃棄物の野焼きについては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律
(廃棄物処理法)によって禁止されているところですが、
国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却に
ついては例外として認められおり、河川敷における野焼きはそれに該当します。
ですので、美化活動に伴い河川敷で野焼きをする際は、事前に河川管理者
(当該場所については備前県民局)に相談していただくとともに関係市町村役場、
消防、警察等と密に連絡・調整を行ったうえで安全な条件下のもと実施されますよう
お願いいたします。
また岡山県では、行政と町内会等とが協働して美しいまちづくりを目指す
「おかやまアダプト」推進制度を実施しており、県が認定したアダプト団体が実施す

河川美化活動等に対して活動費を助成するとともに、美化活動によって生じたごみは
地元市町村が回収・処分しておりますので、当制度の活用についても
ご検討いただきますようお願いいたします。
最後に、河川敷における野焼きについて、関係者への連絡・調整以外に
ご注意いただきたい点について、一部を例示させていただきますので、
実施の際にはご留意願います。
○住宅地が隣接している箇所では十分注意すること
○一方的な都合によって日程変更しないこと
○乾燥注意報発令時や強風等の悪天候下においては実施しないこと
○安全を監視する人員を確保すること
○近隣住民の方々への事前連絡をしておくこと
○防火用の水・資機材を準備すること
(河川水を使う場合は、水量が少ない場合は実施しないこと)
○終了後は、確実に消火の確認を行うこと
○風向き等を考慮し、煙による付近の交通に支障を生じさせないこと
以上、よろしくお願いします。