赤羽飛行機製作所・飛行場100周年記念如何に顕彰するか


魚見山で日の出を祝う日が近づいた。毎年、頂上が一杯となり8畳岩にだれが占拠するか争うこととなる。まだ周りには日の出を見える場所がある。
今から100年前に岸一太は、赤羽飛行機製作所・飛行場を作った。
岡山では全く報道されず他にも多くの方が読売新聞中心に賑やかした。
大正時代2年に中国大連から帰って築地に病院を開業しました。この当時の東京は今と問題は変わらずゴミ、電力、人口過密、防災対策が無い、
そして、関東大震災が起こった。
1922(大正11)年7月25日岸一太博士が世界的の発見
東京市1年の塵芥処分から6千キロから9千キロの電流を起こせる。
他に副産物として酪酸、揮発油が出来て、而も経済的で多大の利益を得られる 博士は今年も亜炭も発明した
この次は糞尿の研究に取り掛かると
  露天焼却
東京湾におけるごみ埋立ての歴史は江戸初期にまでさかのぼることができます。当時はリサイクルの仕組みが整えられていたため、埋立処分は不燃物や建物廃材といったものが主体となっていました。
ところが明治に入ると人口増加、経済発展の影響でごみ量が増加し、ついには家庭の生ごみも埋め立てられるようになりました。生ごみは腐るので、臭気が発生し、ハエやネズミなど害虫獣が巣食うことになります。当初は『溝下水ヨリ生ジタル汚泥』(当時の東京市発行の冊子より)でごみ層の表面を覆う方法(覆土といいます)で対処していましたが、海外から侵入したコレラ、ペスト、赤痢などの伝染病が相次いで流行したため、衛生上の観点からのごみ問題への対応が求められるようになりました。
こういった背景から明治33年「汚物掃除法」が成立、行政がごみ処理の義務を負う法的根拠ができました。この法律を受けた施行規則に『塵芥ハ可成(なるべく)之ヲ焼却スヘシ』(5条)という指針が示されています。
本来ならば専門の焼却場を逐次建設していくべきなのでしょうが、建設計画は付近住民の反対などによって次々に頓挫します。現23区に初めて建設されるには、大正13年まで待たなければなりません。
手近に焼却するなら、処分場に移送されたごみをその場所で燃やす手段があります。
これを「露天焼却」と呼びます。
現在の江東区塩浜にあたる1号埋立地(埋立期間:明治43年〜大正10年)から露天焼却が始まりました。現在の江東区潮見にあたる8号地(埋立期間:昭和2年〜昭和37年)までは、焼却場での焼却と平行して露天焼却が続けられましたが、昭和30年代前半には煙や粉じんに対する苦情が相次いだため行われなくなりました。
「夢の島」という通称で知られる14号地(埋立期間:昭和32年〜昭和41年)以後は行われていません。
露天焼却は野焼きともいわれますが、現在は、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』によって禁止されています。
1921年11月29日
渋谷発電所に勤務のドイツ人技師レ氏月給350円を頂戴して機械装置に汗みどろ 近く大大的に結果は発表
「関東大震災」まで稼働していた「渋谷発電所」
大正期の「東京市電気局」(現「東京都交通局」)は、市電の運行の他、電燈の供給も行っており、1911(明治44)年に前身である「東京鉄道株式会社」から受け継いだ3ヵ所の火力発電所を運営していた。そのうちの一つが「渋谷発電所」。1923(大正12)年の「関東大震災」で被災し廃止されるまで稼働していた。画像は1919(大正8)年の地図で、南東に見える発電所の地図記号が「渋谷発電所」。
1916年12月13日
新つるぎ号の墜落
 千葉県 海岸  井上中将は無事
 夏目漱石葬儀
1915年11月19日
ドイツ夫人の涙物語2 愛を失った夫人には愛児が生命
100円をゼルマの生活費として終生しおくること
をもって6月9日日本を、 後藤の令嬢栄子
1915年5月20日
 岸博士の起訴
岸一太氏の離婚訴訟
大正4年11月22日
岸一太氏は、医師から飛行機技師に転向し、「つるぎ号」を製作した人として名前が残っていますが、彼の離婚訴訟について、大正4年11月の読売新聞に連載が掲載されていましたので、記録として残しておきます。
(上記写真は、インターネット航空雑誌ヒコーキ雲さんよりお借りしました)
馴れ初めからドイツに帰るまで
医学博士岸一太氏は、ドイツ留学中にゼルマさんと出会い、岸氏が心を込めて求婚し、結婚することになりました。
岸氏は前妻との間に子供があることを、ゼルマ夫人に隠していました。
その内に夫人に発覚し、岸氏は「隠したのはあなたを愛するあまりだ」と答えています。
まもなく長男一麿が生まれましたが、夫妻は長男をドイツに残したまま、台湾に赴任することになりました。
岸氏は台湾で奉職中、当時の民政長官後藤新平に気に入られています。
その内に岸氏の愛情は冷め、岸氏はゼルマ夫人に離婚を迫ります。
ついに明治44年、岸氏は、
「ドイツに残しておいた一麿を教育するため、またお前がいれば十分な立身出世を妨げられる点があるから、ひとまずドイツに帰れ。こちらからは子供の養育費と生活費は必ず送る。」
と、公証人を立てて、
「ゼルマはドイツに帰って、子供の教育に従事すること。その費用として、岸一太は毎月30円を子供の養育費、100円を夫人の生活費として終生送ること。送金は毎月5日とする。その義務を怠れば、直ちに強制執行しても意義なし。
一太の収入が400円/月に達すれば、仕送りを120円とし、700円に達すれば130円とする。
ゼルマは6月9日に、日本を出発せねばならぬ。」
という文書を作り、夫人をドイツに追い返しました。
溜まりかねた夫人は、博士の旧師である金杉博士(*金杉英五郎、慈恵医大初代学長)に事情を訴え、金杉博士は後藤男爵や岸博士の態度を非難し、岸博士に忠告の手紙を出しました。
それもむなしく、契約通り6月9日、夫人は懐妊の身でドイツに旅立ちました。
ドイツ帰国後
ドイツに帰った夫人は、次男かづ太を出産。
一麿とかづ太の養育を行なっていて、岸氏も約束通りのお金を送金してきて、そのうち生活費を30円増額してきました。
ところが約1年を経過した大正元年10月に、博士からの送金が途絶えます。音信も取れなくなりました。
そしてその12月に、博士から離婚の訴訟があり、公示送達によって答弁の機会もなく、離婚の判決が下されてしまいました。
博士は判決が確定されると、新たに妻を迎え、ゼルマ夫人からの手紙に対して、何の返事もよこしません。
夫人はとうとう大正2年の7月、日本に戻り、執達吏に依頼して、滞納の生活費を強制執行します。
博士は直ちに異議の訴訟を起こし、この問題が表沙汰になりました。
裁判の争点
岸博士の主張
ゼルマは長男一麿を養育せず、他人に与えるとか売ったという噂があり、契約を誠実に履行していなかった。
よって契約を解除し、離婚訴訟を起こしたのである。
裁判が確定したため、証書に記載されている義務は消滅している。
ゼルマ夫人の主張
原告岸一太の主張は、不実、不法なものである。
契約を解除されたこともなく、一麿の教育も怠らず行なっていた。
原告が使用したドイツの探偵は、ドイツでは悪名高い探偵社で、全く信用の価値はない。
離婚訴訟は、ゼルマの不在に乗じた公示送達の方法で行われ、ゼルマは答弁の機会を得ず、形式上離婚された形になっているが、この判決を知り東京控訴院に控訴中である。
よって裁判は継続中で、離婚は確定していない。
これ以外にもドイツに帰って次男を生んでおり、それは岸も認め、岸の戸籍に登録してあるが、この次男に対する養育料は一銭も送っていない。
連載のまとめ
「この事件を皆さんはどう見るでしょうか、社会の判断を仰ぎます。」と、記事は結ばれています。
飛行機製作にお金が必要だったのか、医師会からの転身に、何か関係があるかもしれません。
 37:16. 2009年11月13日 17:27 投稿 … ドイツの文豪ゲーテが24歳から82歳までかかって書き上げたファウスト、それは古代ドイツの伝説である。多くの作家 …. CIAの罠にはまり親友を失った傭兵が、友の復讐を誓い、新たなミッションを遂行するアクション。 … 出演は「イントゥ・ザ・サン」のスティーヴン・セガール、「ブレイド2」のルーク・ゴス、「マルコムX」のロジャー・グーンヴァー・スミス。 …. 出演は新鋭のジョージナ・ケイツ、「クローズ・マイ・アイズ」「いつか晴れた日に」のアラン・リックマン、「9か月」のヒュー・グラントほか

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。