巨大大根


岡山県生物化学研究所が発見した光合成促進物質グルタチオン(L-γ-glutamyl-L-cysteinyl-glycine)を肥料としてカネカが販売しているのを高梁のJAより6月頃購入し各種自作作物に使用した。光合成における炭素固定の仕組みである「カルビン回路」で働く特定の酵素の働きが、グルタチオンによって促進される。グルタチオンGSSGは、グリシン、システイン、グルタミン酸からなるトリペプチド(還元型グルタチオン:GSH)の2量体。
カネカ ペプチドでは窒素成分の原料として配合されている。
GSSGやGSHは植物には勿論のこと、あらゆる生物の細胞に含まれており、安心、安全な素材。

グルタチオンの働きはたくさんあるが、抗酸化に大きな役割を果たしている。
・生体恒常性の維持
• 細胞内還元剤
• 過酸化水素の還元(無毒化)
• 酸化型アスコルビン酸の還元
• 薬物・異物の解毒作用
グルタチオンには以下のような効果が期待されている。
• 老化防止
• アルコール性脂肪肝予防
• 肝機能障害予防
• 放射線障害予防
• 白内障進行防止 など
• 酵素の補酵素
グルタチオンは日本薬局方に収載された医薬品であり、また健康や美容の維持に有用であるとして、サプリメントとして販売されている。しかし、消費者として注意すべきことは、日本では医薬品扱いであるため、日本の事業者がサプリメントとして販売できないことと、その販売行為は薬機法(旧称、薬事法)違反になることである。アメリカではサプリメントとして販売されている。
結果はトウモロコシで穀粒が大きくなった。
サツマイモなどは余り大きくなっても困るので堆肥の施用も控えた。
明らかに効果が認められたのは大根であった。
50cmほどの大根が次々と収穫され、径も大きいため「おでん」に最適だった。大根が大きくなると素が入るが全くそれは見られなかった。味も格別美味しかった。
大きく切って切干大根としても乾燥した。
農林大臣賞をもらったことある小学同窓生に聞くとそれに値すると。
循環型社会で太陽エネルギーを利用して、石炭、オイルに頼らない生物資源による社会が渇望されてる。ノーベル賞的発見だ。
写真 長さ70cm、径15cmの大根
乾燥

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。