ホタルin 岡山


藤田公民館での児島湖フォーラムは鮒飯・鯉料理でなく、「児島湖流域のホタルの飛翔とビオトープの創生」が議題だった。
「楢津のホタルを親しむ会 8年の実践」
ホタル孵化ご135日で100匹飼育が成長度・生存率がよかっかった。幼虫の自然界での生存率は1%以下。
揚水循環型の飼育水槽でカワニナが長期飼育が可能。
6~7mm以下の
カワニナをホタルに食べさせる。
ホタルの捕獲は難しい。
ホタルの採卵・孵化法
2千匹以上の超過密状態で1度カワニナを食べ成長スイッチ入れさせる。
3日ごとの水換え。
2週間後 100匹以下1ケース(313×449×155)23㍑、50mmに18φの排水穴3ケ、底に川砂、
給餌は週1回、水を動かす
岡大 環境 「ホタルプロゼクト 誕生池に蛍が舞う」 2015年11月~ビオト-プ池 水路護岸工事
2015年6月ゲンジ蛍を飛ばす準備中
「ホタルが乱舞する古里 次世代に」奥迫川自治会
30~40年前乱舞していた川に、川が流れるようにしてホタルが復活した。ホタル祭りを企画している。
「地域の水環境を見つめて ~もう一度、ホタルの舞う故郷を~」妹能公民館
箕島地区は、妹能川の引き込み水路が汚染して藻などが大量発生しているが池の端にホタル生息地が残っている。増やして幼児など招きホタル祭りをする。
グールプによる討議・発表。
[2時間ビデオDVD]

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。