多賀城


多賀城(宮城県多賀城市中央2丁目7-)
津波と縁に無い瀬戸内の町さらに、市民病院に24時間対応の緊急対応施設など贅沢な病院誕生。
これも山田方谷・土光敏夫などのお蔭と感謝している。
方谷の現代版は、高谷岡山元市長だと思う。
如何に、この病院誕生するのに難産だったかは知る人は人は知る。
世界遺産の誕生であり、地元住民の支援がさらに岡山の福祉・医療の地方の苦難の歴史を物語る。
本題は、矢坂山を語る会で指導いただいていた岡本泰典先生が、東北に派遣され、しかも、吉備埋蔵文化センターの派遣記録を読み感激した。
氏は、矢坂山の植生を調べられ倉敷市自然博物館報文になっている。
また、玉島の羽黒神社は東北の羽黒山に由来すると聞く。
多賀城は、奈良盆地を本拠地とする大和朝廷が蝦夷を制圧するため、軍事的拠点として蝦夷との境界となっていた松島丘陵の南東部分である塩釜丘陵上に設置した。創建は724年(神亀元年)、按察使大野東人が築城したとされる。

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。