伊賀の鉄砲隊


伊賀氏の力の源は鉄砲隊であった。
そのもとになる経済力は、地下資源にあったようだ・宇甘、上加茂に鉄が生産され、虎倉城には三納谷の銀の生産が書かれ、三代実録では笹目の銅山について書かれている。その地方には採掘しだ坑道が今も随所に見られる・硝石などもひそかに得られたのではないかと思われる。
(備前虎倉城 円成 伊賀八朗著)
天文12年8月25日 (旧暦)(1543年9月23日種子島島主である種子島恵時・時尭親子がそのうち2挺を購入して研究を重ね、刀鍛冶の八板金兵衛に命じて複製を研究させる。形状についてはうまく複製できたものの、発射の衝撃に耐えるには強度が足りず、「八板家系図」によると、異人の一人に娘若狭を嫁がせることで、「銃床をネジでふさぐ」という方法を教えてもらうことができた。
日本を含めて東洋では、ねじ構造自体を独自に発見・発明することができなかった。村松貞次郎は『無ねじ文化史』で江戸の工業製品にはねじの使用例はなく、徳川幕府の江戸時代とは「ねじの無い文化」の時代であるとした。結局ねじ製作のための、優れた工作機械や工具に恵まれず、ねじを作るという事が「大変困難な仕事である」ということがその理由である。和時計も特殊なねじがわずかにあるだけで、ほとんどがくさびで作られている。ねじがほとんど無いため、日本ではドアが発達しなかった。火縄銃にはねじが必須であったが、江戸時代では火縄銃のほとんどは新たに作るのではなく、以前の火縄銃の銃口を広げたりして作り替えていたという。
日本では、1857年にモーズレー由来でウィットウォースが改良したねじ切り用旋盤が輸入された。P1040587-2

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。