備前軍記36


NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第36回「九州出陣」が放送された。

戦国時代、九州は世界へ聞かれた窓であった。そんな南蛮の富で栄え、九州各地に版図を広げたのが、豊後のキリシタン大名・大友宗麟だ。薩摩の島津である。島津は、九州全土を飲み込む勢いで豊前、豊後に迫った。天正14(1586)年4月宗麟は、関白・秀吉にすがった。

秀吉の名代として、官兵衛が中国の毛利勢とともに肥前に入る事にした。

よき友人でもあった蜂須賀小六がこの世を去った。

徳川家の結束はむしろ強まったと見て、44歳の妹の朝日を家康に嫁がせた。それでも家康は上洛しようとはしなかった。

元春は病を得て、隠居を理由に出陣は無理だという。

そんな中、九州への出陣が7月25日と決まった。

実の母も徳川の人質に差し出た。

官兵衛は「天下のために、その命、使っていただきたい」の言葉に、元春は思わず笑いだした。同年10月3日、官兵衛と毛利軍は、ようやく九州へ渡った。

家康が秀吉に拝謁するため、ついに大坂を訪れていた。

島津車と激突。宇留津城を攻め落としたその勢いを見て、敵は続々と寝返り始めた。

11月15日に吉川元春が、とうとう死の床に着いた。「隆景……毛利を頼んだぞ……」と

吉川元春は、眠るように息を引き取った。

このころ起きた事件

10年(1582年) 1月28日 – 天正遣欧少年使節の4人が長崎を出発

3月11日 – 甲州征伐、武田家滅亡

4月3日 – 織田信忠が恵林寺を焼き討ちし、快川紹喜ら死去

4月27日 – 羽柴秀吉、備中高松城付近で清水宗治の兵と交戦(備中高松城の戦い)。

6月2日 – 本能寺の変が起こる

6月13日 – 山崎の戦いが起こる

6月27日 – 清洲会議が行われ、織田秀信を後継者に決定する

9月23日 – 山田重直、羽衣石城を攻略。それと同時に小鴨元清の籠る岩倉城も落城する

10月15日 – 大徳寺で織田信長の葬儀が行われる

 

11年(1583年) 3月29日 – 東大寺の不開門が暴風のため倒壊

4月21日 – 賤ヶ岳の戦いが起こる

5月2日 – 織田信孝が自刃

12年(1584年) 3月24日 – 龍造寺隆信が島原で島津家久などとの戦いの末、敗死(沖田畷の戦い)

4月9日 – 小牧・長久手の戦いが起こる

6月28日 – スペイン船が平戸に初来航

13年(1585年) 3月8日 – 豊臣秀吉が大徳寺で大茶会を開く

7月11日 – 豊臣秀吉、関白となる

11月29日 – 北陸・畿内で大地震(天正地震)、越中国木舟城の崩壊で城主の前田秀継が死去、帰雲山崩壊で帰雲城埋没

14年(1586年) 6月24日 – 木曾川が大洪水

7月27日 – 島津軍が大友氏の岩屋城を攻略し、高橋紹運が自害(岩屋城の戦い)

10月4日 – 毛利輝元が小倉城を攻略

11月7日 – 正親町天皇が譲位し、後陽成天皇が践祚

11月25日 – 後陽成天皇の即位礼が行われる

10年 小早川秀秋、戦国大名(+ 慶長7年)

月日不明 – 水野忠清、江戸初期の大名(+ 正保4年)

11年 – 林羅山、江戸初期の儒学者、道春とも(+ 明暦3年)

月日不明 – 蒲生秀行、戦国期の武将、蒲生氏郷の子(+ 慶長17年)

12年 3月4日 – 脇坂安元、江戸初期の大名(+ 承応2年)

月日不明 – 松平定行、江戸初期の大名、伊予国松山藩初代藩主(+ 寛文8年)

月日不明 – 宮本武蔵、剣豪、兵法者、書画家

13年 – 松平定吉、戦国期の武将(+ 慶長8年)

月日不明 – 福島正之、戦国期の武将、福島正則の養嗣子(+ 慶長13年)

14年 – 本多忠純、下野国榎本藩初代藩主(+ 寛永8年)

– 板倉重宗、江戸初期の譜代大名、京都所司代(+ 明暦2年)

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。