詮家の母(富山城主・津和野城主)


虎倉の城主伊賀久隆を直家毒殺する事(新釈備前軍記)
 伊賀左衛門尉久隆は津高郡虎倉(現御津町虎倉)の城主で、無二の宇喜多方の武将であった。
また直家の家臣に難波半次郎というものがあったが、密かに毛利家に通じ、何とか謀計をもって伊賀左衛門尉を殺害し、毛利家への手柄にしようと思っていた。
 天正六年九月のころ、半次郎は、伊賀左衛門尉が毛利家に内通しているように直家に讒言した。直家はこれを讒言とも思わず、何の調査もせず、伊賀を殺害しようと企てた。左衛門尉は、兼ねて岡山城下にも屋敷を拵え、父子交代で虎倉の城を守り、また岡山にも詰めていた。
 左衛門尉が岡山に居たとき、直家は左衛門尉を饗応するといって、左衛門尉の家来まで呼んで料理を振舞ったが、このとき左衛門尉の料理に毒が入れられていた。
 さて城を下った後、直家の料理人で、伊賀の家来に所縁のある者があって、「今日の料理には毒が入っております。急いで解毒の薬を服用されて下さりませ」と密かに告げた。
 これを聞いた左衛門尉は、
 「いま解毒剤を用いて難を免れたとて、とても生かしてはおくまい。同じ死ぬる命ならば、城に楯て籠り討ち死にするこそ本望である」
とて、急いで岡山を発し、馬を急がせて虎倉の城に戻り、子の刻(午前零時ごろ)に城に入ると、家来を集めて籠城の手配りをし、門という門をすべて差し固め、岡山の討手を待ちうけた。
 左衛門尉の嫡子与二郎は、急いで解毒剤を調えて父に進めたが、最早延引し手遅れになっていたためか、暁方になって左衛門尉はついに死んだ。
 左衛門尉が岡山を退去したと聞いた直家は、浮田源五兵衛を虎倉に遣わし、仔細を問わせるとにした。源五兵衛は足軽五十人を召し連れ虎倉に到着したが、その時にはすでに城門を差し固め、用心厳しくみえたので、源五兵衛は足軽どもを伏せ置き、わざと一人で城の木戸に近づき、直家の使者である旨を伝えた。しかし答える者はいなかったので、仕方なく岡山に帰り、伊賀籠城の旨を復命した。しかし直家は虎倉の城を攻めることもせず、そのまま暫く打ち過ぎた。
 伊賀与二郎は城に籠ると共に、毛利家へ使者を立て、左衛門尉が直家に毒殺されたことを伝え、以後は毛利家に味方することを約束し、宇喜多追討の軍を出される時は、自分か先手を仕り、父の仇を報ぜんことを申し入れた。
 与二郎はその後暫く在城したが、舅の明石飛騨が内密に、このまま在城しては身の安全は保てまいと退城を勧めたので、正月下旬虎倉の城を落ちのび、毛利の軍が備中に進出したのを機に一緒に毛利側に退いた。直家はその城を長船越中に守らせた。しかし当時越中は播州駒山の城にあったので、その城には越中の弟源五郎、越中の妹聟の石原新太郎や有年・大田原らを入れて守らせた。
  注 一説によると、直家が、伊賀左衛門尉の家来川原四郎左衛門という者を誘って左衛門尉を毒殺させたとも、また直家が川原と謀って殺させたともいう。
 毛利家資料
備中の陣地に残った隆景には、3月の辛川口の敗戦と、それにつづく4月の虎倉合戦の加茂崩れ。思い出しても反吐の出そうな屈辱の敗戦である。
 隆景は思案の末、一計を案じた。伊賀久隆謀叛の噂を広めて、直家の手で抹殺させるに如かずと考えた。ひそかに忍びの者を備前へ派遣して、宇喜多家中の様子を探らせた。すると、家中に難波半次郎という家臣がいて、直家の織田氏服属に不満を持ち、密かに誼を毛利氏に通じていた。
 9月、隆景はその半次郎に密書を送った。意を含められた半次郎は、病中の直家にお目通りを願って伊賀久隆の謀叛を告げた。直家は半次郎の進言を戯言として相手にしなかった。だが、病床に入って以来なにごとにつけ疑い深くなっている直家は、すぐさま忍びの者を入れて伊賀家中の内情を探らせれみた。すると、思いがけなくもたらされた情報は黒と出た。「まさか、そんなことが・・・」詮方なく直家は弟の忠家を呼んで相談した。「七郎兵衛よ、この始末どうつける?」「事が露顕に及んだと知れば、相手も用心して守りをかためるでありましょう。窮鼠却って猫を噛むの譬えもあります。
大事にいたらぬ前に・・・」「じゃが、相手は妹梢の婿ぞ。それに久隆の妹深雪はそなたの妻じゃ」
「大事の前の小事、やむを得ませぬ」「・・・・・・」「後悔はないのか?」「ございませぬ」「ならばそなたに委ねる。よきようにはからえ」「はは」忠家は一礼して兄の居室から退出した。
 ※森本繁氏の記述:[備前軍記]によると、このあと忠家は伊賀久隆を岡山城へ呼んで饗応にことよせ、一服盛ったとあるが、毛利側の史料にはこれとは異なった記述がある。以下、毛利側の記述による。
 MI氏ブログ
 末孫が、3回忌後、清水寺(せいすいじ)にお参りした。
この寺は、平清盛が建てたという。

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。