初詣


NHKの出雲大社の大国主命より伊勢神宮の天照天照天神への国譲りのスペッシャルを見た後初詣に出かけた。
北向八幡宮、吉備津彦神社(獅子舞)、楯築弥生墳丘墓、王墓の丘史跡公園、造山古墳、千足古墳、3日に吉備津神社、御陵(中山茶臼山古墳)、再度吉備津彦神社(龍王太鼓)と参拝した。P1020023

大体の年代順に書く。
御陵(中山茶臼山古墳)宮内庁によって吉備津彦命の陵墓参考地として管理されている。
40年ぶり参拝すると周りは公園として整備されていた。

 

P1020183P1020187P1020191
楯築弥生墳丘墓は、王墓山丘陵の北側に弥生時代後期(2世紀後半~3世紀前半)に造営された首長の墳丘墓である。福山から来た夫妻に聞くと備後一宮の事を「いきゅうさん」と云い、市久の話しや、拝殿が朱で鮮やかな色で、建築関係の方で、母屋の柱、臍、外板にベンガラを塗っていたことを話すと古民家は防腐剤の役割で塗ってあり、外板に焼き板を使っていた。別れるとき奥さんが桜の蕾がすでに膨らんで来ているのを見つけた。P1020061P1020046P1020087P1020090P1020082P1020066P1020069
造山古墳の周濠は、平成22年に行われた岡山大学文学部考古学研究室の試掘調査で存在が確認された。幅約20メートルと推定されている。

P1020105
千足古墳には、石障(仕切り石)の表面には直弧文の装飾があった。現在テントに覆われている。石障が石室から取り外され、岡山市埋蔵文化財センターに運び込まれる。

P1020107P1020114
吉備津神社は、栄西の生誕地を庭園に 800年遠忌で整備が始まっている。この日は矢竪の神事が行われていた。

P1020139P1020142P1020163P1020177
吉備津彦神社では、吉備の中山のメンバーが紹介コーナー、甘酒を販売していた。

DSC03525
2日は獅子舞、3日には龍王太鼓があり大勢の見物人だった。

P1020202P1020225P1020226P1020229P1020234

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。