水路掃除4.水の流れ


ところでこの水路は、先日警察が来た際、確認した所岡山市北長瀬となっているとのことです。所有権は当然岡山市でしょうが。
 旭川の三野あたりから西川用水から分岐し観音寺用水、能登川用水として流れてきています。ちなみに、座主川用水は同じあたりから取水し、矢坂山の北を流れ矢坂大橋の下手をサイホンにより笹が瀬川の下を通り、尾上、白石、久米、を潤しています。観音寺用水は北長瀬にも流れて来ていますが、新幹線北の野殿のポンプ場より笹ヶ瀬川に放水しています。所が、大雨で放水しなければならない市街地の水位となっても、高潮と重なったりすると笹が瀬川満水となります。久米地区は土手が低い所があり土嚢など積んで対処していましたが、土手を嵩上げしましたが、根本的解決となっていないそうです。北長瀬駅北を流れるのは主として能登川用水で町内何人かが西川用水の清掃に駆り出されます。北長瀬駅の東側の暗渠を通り駅前の下を通り、ロ-ソン当たりに出ます。舟が悪戯されて流れたときマンホールから入って探しました。中山道、今を潤しています。さらに線路を西に行くと子供の頃は15の鉄橋がありましたが今は狭い鉄橋となっています。この鉄橋は万一笹ケ瀬川が決壊したときの水抜きだったのですが、無視されたようです。西長瀬を潤しています。最近、白石鉄橋の南側にポンプ場を設置して放流できるようになりました。今、北長瀬表町、中山道、西長瀬へは、西川用水と大元駅北で分岐した今大野用水が主流のようです。
大雑把にはこのような流れですが、枝葉の流れが悪く水の滞留の原因となっています。
子供の頃、流れの良い所は水が綺麗で下も砂地となっていて泳ぐ場所は限られていました。

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。