水路清掃 1.携帯水没


町内の水路の掃除は春に農家組合、夏に町内会が行っています。
子供の時は川を干あげるため魚が大量に取れ、近所に配られるため楽しみでした。
今は、完全に水抜きすると万一火事があったとき消火用水が取水できないと水位がかなり下がった程度です。
土用干は、田んぼの水を抜き稲の成長がほぼ終わり土地を乾燥することにより根を張らせ実付を良くし台風などで倒れるのを予防するため行います。
7月27日より土用干に入り、町内の水路掃除は8月18日の盆踊りの翌日に行うことになっていました。
今年は間欠的に仕事?が入るため大山の別荘には行けず、子供たちを川舟に乗せた翌日より舟で朝晩涼しいとき川掃除することにしました。町内などで行う場合、長い柄の付いた鎌、4つ目様藻を取る道具で道路より川底のごみ、藻を引き上げてゆきます。
北長瀬駅水路の対岸は鉄道用地でもあり原則立ち入りできません。そのため十分できません。
初日は、昨夜大雨警報が出ていたためか水をかなり落していました。北長瀬駅付近からすると流れの下に当るため舟が流されるため上の胡麻田地下道近くから始めることとしました。
 マツモがほとんどですが、名前がよくわかりませんが、ヤナギ?藻、水中より長く葉を生やし簡単には浮草のように取れないで苦労しました。ある程度取って、マツモをすくい上げ、舟より陸に上げることにしました。マツモも僅かに根を張っているため完全には取りきれません。
舟を簡単に木に括り、藻を上げていたところバランスが崩れもんどりうって川へ落ちてしまいました。水は冷たいと云うより、ぬるま湯のようでした。この日は、前日の大雨で水位が高く、川底は滑るし簡単には上がれませんでした。やっと上がってみると反動で友綱が外れていました。
 近所のドコモに携帯電話を持って行ったのですが、内部データは破壊されていて使用不能、住所録も消えてしまっていました。幸いカードに保存データは残っていました。それでも最近保存した連絡先は消えていました。
購入時500円の保険に入っていたため、5000円で同機種に変えられるとのことで、実質1500円で交換できました。 
 デジタルカメラは、電源を入れず乾燥すると使えるとのことで又撮影しています。このカメラは、基盤の故障で写真にわずかにハレーションが入るため普通使っていませんが手軽なため持っていって写していました。万歩計も同様でした。時計は全く無事でした。
 水難の相があるのか気を付けないと思います。
8月3日に吉備津彦神社の御田植祭の翌日に御幡献納祭( 田歌を歌いながら十数本の御幡の行列が神池を一周するもので御幡の白布は帆船の帆を表現し、先端のうちわと扇は風を表している。)行、厄払いしました。
 写真 舟より落ちた現場
     清掃水路 後ろ北長瀬駅
     御幡献納祭

P1070384

P1070425

DVC00001.JPG

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。