モニュメント バレー


ページのモーテルを出て砂漠を走ること1時間半で奇異な岩がポツポツ見えて来ました。それぞれ名前をつけると面白でしょう。例えばよく見るとフクロウそっくりの岩がありました。そしてマッチャンお勧めのCMにも登場したナハボランドのビューポイントに着きました。間直ぐに伸びた道の先に赤い岩が特徴的でした。そこを時たま走る車やハレーバイクは絵になります。国旗を靡かせて土産を売っていました。この辺りはナホバ族の縄張りらしく自治権も認められています。この後もビューポイントには必ず同じ様に見られ、同じ様な物を売っているのも不思議でした。

モニュメントバレーのビジターセンターでもナホバ族らしき人が管理、土産を売っていました。そして、ジョンフォード監督が西部劇の撮影始め、多くの西部の光景に出てくる赤い土の溪谷に入って行きました。舗装していないオフロードで車が踊りまくりました。赤い岩盤がせり出し、3人娘に似たスリ-シスター岩、遠くより幌馬車が走ってきて、崖の上にはインデアンが待ち受ける映画のシーンが目に浮かぶようでした。馬に乗ったカウボーイ風の演出もありました。

この旅の途中にも多くのインデアンの居留地が見られテント、この辺りではドーム型の赤土の家など部族による個性があるようです。

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。