獅子舞 北向八幡宮秋祭


各地で秋祭りが行われています。矢坂山の北側手の矢坂東町に鎮座する北向八幡宮では矢坂茶屋部落先祖伝来の獅子頭による獅子舞が秋の例祭の当日に奉納された後、各戸の悪魔退散を祈願して、町内有志が獅子舞をして回っています。戦時中中断していました。その間、耳は削げ、左顎は外れ、舌も無くなり修理もされないままに放置されていました。昭和55年に江戸中期から末期にかけてのすぐれた作品の獅子頭が高梁市中井町津々上田春山氏(備中神楽面師)に修理して、大切に保存されています。(矢坂茶屋山林組合箱書より)

北向八幡宮は平安時代中期に矢坂山頂に富山城を築城した富山家が代々宮司を務めています。この日も祈願、獅子舞を奉納した後、茶屋町内の90軒を玄関ないし座敷で悪魔退散を祈願して回りました。古くは子供たちが舞っていたそうですが子供が少なくなり維持できなくなり、今では老齢者が頑張って喜ばれています。

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。