川舟流れる


7月7日の8時ごろ北長瀬駅のプラトホームより北の水路を眺めると何時もあるはずの川舟が無いことに気づきました。早速、市久会のメンバーに携帯で連絡して探してもらうように頼みました。翌日、自転車で近所の水路を探しましたが見つからなく、北長瀬駅東の南に流れている暗渠の水路に流れ込んだのであろうとのことになりました。7月2日には繋がっていたのを見たとのことで大雨で流されてしまい待ったようです。
岡山西警察署に遺失物届けをして見つかったら連絡してもらうことにしました。町内の水利土木委員に連絡したところ、暗渠水路に大水で流出物が詰まると、北長瀬始め大野学区が水没する危険があるとおお叱かられしました。市役所の水路管理課に連絡すると、午後見に来てくださると快諾いただきました。午後1時過ぎにはきてくださり、北長瀬駅の南のマンホ-ルから首までの長靴を着て入ってくださり、5m先程の北から20m程の広い水路が曲がった当たりに有ることを確認できました。市久会メンバー2人が首までの長靴を着て駆けつけて一緒に入り北水路まで出していただきました。無事繋留でき、7月19日よりのラジオ体操の後、今年も川舟に乗せることができそうでホッとしました。
 それにしても、水流の強さは、津波では見るのみでしたが実感しました。万一のことを考え日頃より対策することを痛感しました。

Explore posts in the same categories: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。