台湾紀行3日目


台湾紀行3日目

11月5日烏山頭ダムの傍のホテルに迎えに来たバスに乗り、新幹線で台北へ移動し、桃園市の福田総合農園の園芸施設を見学しました。80歳ばかりの老人社長で40年前建設業から健康志向で現農場の事業に転換したそうです。有機堆肥に特徴があり、自然の恵みで人間が生きる信念のもとに堆肥に群がる鳥たちを追うことはしないとのことです。野菜などを主体とした堆肥を園芸ハウスに引き、ポット栽培した苗を植え付け前には一切虫が入らないようハウスを閉鎖して栽培してます。台湾国内各地に同様な施設を持ち野菜市場に出荷しています。

 昼は30分以上並んで小籠包など絶品の台湾料理に舌鼓をうち堪能しました。

 

 台北国際金融センター(Taipei 101)に移動し、階下で開かれている国際見本市を見ながら、迎賓室に案内されビデオ見ながら台湾の経済状況を聞きました。このセンター中心に貿易、企業進出の契約すべてできるよう集中していて海外からの取引の利便性を図っているそうです。

 夜が迫り小雨振る中、国立故旧博物館を見学しました。孫文、蒋介石を記念した銅像などが目を引いたが、世界4大博物館と後で聞き、その中国本土の財宝の収蔵品をゆっくり見る機会が又あるのが楽しみです。

 昼の食事が残ったまま、また台湾料理を楽しみました。隣で久しぶりに日本語を話しているグル-プに話しかけてたところJTBの現地台湾人ガイドで、アバンサーホテルに泊まり翌朝やっと日本人の商社マンに会いました。

Explore posts in the same categories: 旅行

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。