「矢坂山を語る会」の発起


「矢坂山を語る会」の発起
 平成22年8月29日に矢坂本町公会堂に9人集まり、矢坂山について相談しました。その結果、「矢坂山を語る会」をつくり矢坂山の歴史、山へのふれあいの機会について話し合おうと言うことになりました。
 発起人、協賛者、行事案などを募集しています。特に、矢坂山周辺の人が参加していただいて盛り上がるとありがたいです。

「矢坂山を語る会」の発起

平成22829

 

矢坂山(大野山、野殿山、魚見山)は、大野学区、三門学区において古くより愛着をもたれている山です。山裾の町内会、特に矢坂本町、東町が熱心に山の美化活動をしています。さらに、有志の方が草刈、清掃を毎日のようにされています。

 日本城郭全集によると次のように書いてあります。

「矢坂山に城が築かれたのは、崇神天皇の十年(前88)、四道将軍の一人としてこの地方に派遣された吉備津彦命が、この山に陣を置いた時に始まると伝えられています。

 時代が下がって、平安時代中期885年に富山重興氏により矢坂山山頂に富山城が築城され、1342年に松田元喬氏、1568年に宇喜田直家氏により本格的な山城となり、さらにその弟忠家により野殿山城・大野山城・魚見山城も整備され矢坂山全山が巨大な城郭となってゆきました。しかし、1615年に一国一城令により小早川秀明氏により解体されました。」

 信憑性はともかくとして矢坂山が記録(神話)上初めて登場します。当時は吉備の穴海の岩井島であり、後の万葉集にも島として歌われています。ただ地元の言い伝えとして矢坂山頂にある巨大な石を評定岩と呼び、吉備津彦命が「ウラ」を成敗する計画を練った場所とされ、ウラに向かって矢を射たことより矢坂山と命名したと伝えられています。

大野小学校旧校舎が魚見山の麓にあったころは、月遅れの雛祭の43日には魚見山に登り岡山市街の眺望を楽しみながら弁当を食べ、尾根伝いに桜・ツツジを見て富山城跡まで行きました。この催しは、当時「山上がり」と云い各部落をあげての楽しみでした。もう一度、往時の催しを復活し、皆で旧跡を歩きませんか。

 特に、2012年の再来年は上記の記述より2100年目にあたり「矢坂山開城2100年祭」をしてはと考える次第です。

 現状は雑木林となり桜、ツツジの成長を阻害しているばかりでなくそれらの美しさも半減する景観となっています。枯れた松、競合する樹木、竹林を切ることにより美しい山となると共に、炭酸ガス吸収効果も増大し地球温暖化防止にも役立つと考えられます。さらに、切った樹木・竹を炭焼きやシイタケ栽培に利用すると資源の活用にもなります。さらに、桜、モミジ、ツツジの植えを行うことにより楽しい山が再生可能に思われます。

 もちろん山の多くの地権者の理解が重要ですが、地域住民が矢坂山にどのような夢を持ち協力実行するかにかかっています。

とりあえず、矢坂山を歴史を語り、再生するための夢を語る会を発足したいと思いますのでご賛同下さい。

 

Explore posts in the same categories: 地域

3件のコメント : “「矢坂山を語る会」の発起”

  1. 吉備津彦 Says:

    はじめまして、失礼いたします。
    私は、一昨年から矢坂山(と京山)の植物調査を行っている者です。
    矢坂山の前は吉備中山で調査と採集を行い、その成果は今年「倉敷市立自然史博物館研究報告」に公表いたしました。
    これに続き、矢坂山の植物についてもまとめてみたいと思っております。
    矢坂山については、吉備中山に比べて資料も少なく困っていたのですが、
    このブログで「矢坂山を語る会」が発足したとの記事を拝見し、ご連絡させていただいた次第です。
    現在、採集した植物は600種ほどですが、あと1年を採集と調査にあて、その後は原稿の作成を行う予定です。
    つきましては、矢坂山に関する豊富な知識をお持ちの皆様に、ぜひご教示・ご指導を賜りたく、お願い申し上げます。

    このコメントはページ上に表示されるのでしょうか。
    念のため、現時点では実名を伏せさせていただきます。ご了承ください。


    • 拝復
      植物学者の方からお便りありがとうございます。矢坂山固有の三つ葉ツツジが群生していて4月に咲きます。すべり山の下に昭和20年代には水生植物が生えていたそうですがいまはありません。富山城の水の手の「庫が池」がありますが特殊なものは見られません。毎日のように矢坂山を散策している人がいますので紹介対します。桜やもみじなど植えたいと思っていますので、ご指導いただければ幸いです。携帯電話0808-1930-6282 坪井 章に連絡していただければ手配いたします。

      • 吉備津彦 Says:

        坪井様

        早速にありがとうございます。
        私は普通のサラリーマンで、植物学者ではなく、専門知識もありませんので、植栽の指導といったことまでは無理です。
        皆様に植物のリストを提供するといった程度のことしかできそうにありません。ご了承ください。
        矢坂山は水はけの良い花崗岩の山ですので、堆積岩でできた吉備中山とは植物相が大きく異なります。
        矢坂山では現在でもアカマツ林が多く残るのに対し、吉備中山ではほとんどがアベマキ・コナラ林になっているのがその好例です。
        岡山県版レッドデータブックに掲載された植物は、吉備中山では19種見つかりましたが、矢坂山では5種です。
        そういった点も比較してみたいと思っています。

        もしよろしければ、私のメールアドレス宛に、空メールで結構ですのでメールを送っていただければ、現時点までの確認植物の一覧表をお送りいたします。
        また、吉備中山植物目録などもお送りできますので、差し支えなければ宛先を教えていただければ幸いです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。