曽平治屋敷2


曽平治屋敷2
 3月18日に北長瀬村に曽平治屋敷の屋敷図について書きましたが、郷土家の間野行治氏が、その屋敷跡と思われる付近で「穐山曽平治」のお墓を見つけました。穐山曽平治と秋山曽平治の2対の墓が押しやられるように帝釈堂の傍に立っていました。さらに岡山大学図書館の池田家文庫を調べましたところ「奉公品書」にその名前の文書が見つかりました。明治2・3年頃のものでお墓はそれより古く「曽平治」は送り名と思われます。屋敷のあった年代は特定できませんでした。
 

Explore posts in the same categories: 市久

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。