川舟修理3


川舟修理3
 川舟の内面の修理をしました。どうしてヒックリ返すか悩んでいたところ、中国シール㈱の西山社長に連絡するとフォークリフトで中野さんが簡単に表にしてくださいました。
 1.コールタールなど傷んだり、汚れているのを全面、サンダーにワイヤーブラシで取り付け磨き上げました。
 2.目地のコーキングなど取り除きました。
 3.目地をサンダーで汚れを取るとともに、Vカットを溝を掘りました。
 4.目地にプライマーを塗ったあと、シリコーンコーキングしました。上塗りのポリエステル樹脂と材質が異なるため、密着に疑問がありましたが、底板の伸縮に対応するためコーキングとしました。
 5.手すりを取り付けました。木の温もりを残すため、塗装しないこととし、マスキンイングしました。
 6.ポリエステル樹脂塗装をしました。底のみは砂を入れて滑らないよう工夫してみました。
 黒船が出来上がりました。4月2日(金)午後1時より中国シール㈱のフォークリフトで川辺の柵越しに川舟を浮かべていただく予定です。大勢の人に案内しました。着物を着てきてくださるご婦人もいるそうです。
 環境教育として、水質検査を子供たちに教えたいため岡山市市役所 環境保全課に検査キットを依頼、大安寺中等教育校の化学の先生に中高生の教育の状況をお聞きしました。
 
 
Explore posts in the same categories: 市久

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。