ESDプロジェクト


ESDプロジェクト

 一昨日、岡山市役所の環境保全課に、川舟の修理の助成金について相談に行きました。ESDは「持続可能な開発のための教育」としています。「ESDとは、大量生産・大量消費・大量破棄による環境悪化や貧困の増大などの弊害を招いた開発を反省し、将来にわたって、また地球規模の視点においても、あらゆる人々が自然環境などと共生できる持続可能な社会の達成を目指す座主教育を言います。地域の特性に応じて、環境・社会・経済のバランスのとれた社会を実現するため、環境教育だけでなく、人権・平和・貧困撲滅、健康・男女間の公平、異文化理解などの広い概念を含んでいます。また、主体的に社会に関わる人を育成するため、参加型の学習を重視している。」(岡山ESD推進協議会パンフレットより) 大野学区では、ダルマガエル保護活動が助成を受けています。

 市久会の活動はこの概念に合致し、川舟の修理について教育プログラミングと支援団体を明確にすると助成の対象となりそうです。ただ、5月申請、6月決定で5万円程度になる見通しです。ダルマガエルの保護活動への参画の要望があり、会としてイベントに協力したいと思います。岡西公民館を紹介を受け、「北長瀬物語」などの寄贈、会員募集を張り協力を仰ぐことになりました。後に、ライフジャケットの無料貸出先があるとの連絡を受けました。

 

Explore posts in the same categories: 環境

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。