「市久川の由来」訂正


久川(いちきゅうがわ)の由来(プレート文案)

 

岡山市外環状道路日吉町橋梁の西側に沿って南北に流れるのが一久川です。

一久川は、白髭宮(御崎宮)が1176年(平安時代末期、安元2年)に一宮の吉備津彦神社の勤請により、水源は旭川の雑用水で、市久保(いちきゅうのほ、現在の北長瀬本町・表町・日吉町)を灌漑していた用水と伝えられています。

「大化の世 一久川 大野ヶ原」

市久会

2100年(平成21年)3

Explore posts in the same categories: 趣味

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。